プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラバンジの会

 サラバンジの会と銘打った同期会に久しぶりに参加しました。
普段顔を合わせそうな人たちは避けて、めったに会えない人と思われそうな人を選んでしゃべった。女性が多かったのは自分の性格によるものだ、あの頃は話しかけることも出来なかったのに、歳を取り人生も終わりに近づいたので恥も薄らぎ厚かましさが出てくる。

 全員の集合写真を撮るとき私が床の上カーペットに直に坐った、後の腰掛の女性が「アナタは私の娘たちのお父さんの知り合いだったよネ」と言う。よく見ると一期先輩と結婚した人だ。”ストレスで自棄食いしたのか?”と言うと笑っていた。グウタラ亭主で苦労したことだろう。

 みんな年相応に太っている、中には痩せた人もいるが多くは太っている。人間の身体はそうなっているのだろう。一度太りそれから体重を落とした人はそれなりに努力している、毎日8Kmも歩き続けるなんてとても真似が出来ない。
今でもフルマラソンを走る人、言葉もなし。

 友人達と農場を借りて耕している人、自宅の屋上に農場を作った人、定年前に料理を習った人、ダンスを楽しむ人それぞれの人生を楽しんでいるオトコ衆。
女性も元気だった。まだまだ元気で仕事に励んでいる人、大阪でウチナーそば屋を開いている人、ファオークダンス普及に力を出している人と多才だ。

 私はここぞとばかりに手造りした革製チョッキを着ていったら、これは効いた。フツーの人はヤラナイのでウケタ。何かインパクトのある事を披露しないと印象に残らない。

 二次会を終えて三次会を桜坂のハズレで飲んだ。事務局長さんは帰ろうとしていた。何か特別な事が起らない限り家に帰るという。この同期会に参加するかどうか逡巡していた私が間髪を入れず”オレがここに居ること事態がサプライズだ”と声を上げると笑って付いて来た。
不摂生で亡くなった同期生の馴染みの店だったので、その友のことやおしゃべり、歌と時間の経つのも忘れて飲み続けた。

このバカさが同期会というものか・・
スポンサーサイト

<< 写真 | ホーム | メモも兼ねて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。