プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金 返済額の変更


 沖縄公庫から生業資金を借りて仕事を始めたのは20年ほど前になるだろうか。
借入期間は5年、月々10万円程度の返済金額だったが何とか減らしていった。残額が100万円を切った頃再借入して残額を一括返済して再スタートを切った。

 この時もナンヤカンやしながら返済していたが、ある頃から返済に詰まるようになり滞納が始まった。当然督促が来る、あちらこちらから工面して納めるが翌月はまた滞納という状況になり3ヶ月も溜まった頃に呼び出しがあった。これまでも文書による呼び出しの通知はあったが、今回は担当者が直接伊江に出向いてきたので出頭(?)する日を約束せざるを得なかった。


 支払額を減らすことは当然借入期間は延びる、暫らくその金額を払っていた。
そのうち仕事が好転して来て見入りも増えてきて見通しも立ったので公庫へ出かけて支払額を元の金額に戻す変更を申し出た。
担当者はこれまで減額したことはあるが、増加の変更を申し出た人は初めてとの
 話し合いの内容は当然支払方法の件である。
「月々10万円の支払がキツイなら減額してもいい、幾らなら払えるのか」
”元利とも3万円程度ならナンとかできる。”
「ならそうしましょう。」で終わった。こと。内心鼻高々で、手続きをするのがメンドウなのかそのままで支払ってくださいという担当者を説得して増額変更したのである。

 ところがあるアクシデントにより又またピンチに陥った。今さら再減額するのもナンなので遅れがちになったが支払い続けて完済した。まあその頃には残金も随分減っていたのでムリしてでも返そうと考えた面もあった。

 とまあ、金を借りて返すのタイヘンです。世の中上手く行かない方が多いのだから。
スポンサーサイト

<< | ホーム | サウナにフォンジュ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。