プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県知事選挙

 新聞・テレビ会社が主催する政策討論会を見てきた。
来月行なわれる沖縄県知事選挙のことです。友人が討論会があるのでこの機会に現場の雰囲気を掴む為に見に来るようにとの連絡があったので出かけた。定刻前なのにケッコウな人数が入場している。テレビで生中継されるようだ。

 始まって候補者の自己アピールや政策を述べるときの拍手の量で比較すると、我が革新陣営と保守では3:7あるいは4:6で保守側が多かったように感じた。
知事選にかける意気込みの違いか、この時間(4時半スタート)に会場まで来れる人は経営者もしくは自営業のの皆さんで、組合員とか市民団体のメンバーは未だ就労中ということかな、と勝手な推理をした。

 討論が始まってみると我が方の女性候補糸数さんは堂々と意見を述べている。これほど成長したとは思っていなかった。他方経済人と自称する仲井真さんは中央の官僚から副知事、そして沖縄電力の会長とエリート畑を歩んだだけはあって堂々としている。
しかし顔が悪い(笑)、こんな事で評価するなと突っ込まれそう。経済政策で何か出てくるかと期待したがパッとした発想は見えなかった。
革新は経済面が弱いと言われるが保守だって似たようなものだ。

 なぜ仲井真さんがなるほどと思うような経済政策を打ち出せないのか。それはウチナーの経済振興はそうカンタンなものでは無いということの現われでしょう。アレコレ試行錯誤・場当たり的でも何かをしなければならない、処方箋は無いという証左でしょう。
そうであるなら何かをやる時のバックボーンすなわち哲学理念の問題になる、と私はおもう。糸数さんは理念勝負で行くべきだと思う。

 また彼はエリートコースを歩み天下りで企業のトップひいては県経済団体のトップになったので、創業者の苦しみ或いは二代目の会社を広げる時の熱情や発想力に乏しい印象を持った。討論の受け答えも原稿を棒読みという場面も多々あった。経済政策の発想も自分の体験というより誰かの話を纏めた感じだ。
経済人の経済政策はそんなに恐れるほどの武器では無い。

 では糸数さんはどうか、似た様なもので処方箋を示せる力は無い、しかし自分の言葉でしゃべっている、理念があるように感じられた。誰がやっても上手く行く方策は無いに等しい、それなら県の運営に一本の筋金を通した方がいい。

 全体の印象として、贔屓目で見ている点はあるがイトカズで充分戦えるとの確信を持った討論会だった。
スポンサーサイト

<< キリ番ゲット | ホーム | ヒジキ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。