プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔っ払いってイヤだね

 筋力トレーニングと脂肪燃焼、筋トレは機械器具を週2回使うとして有酸素運動は自転車にしよう、と自転車を引っ張り出して漕ぎ出した。運動のためとはいうものの坂道を登るのはイヤなのでルートを選びながら走った。

 市の中心地に近い泉崎橋に来て思い出した、かつてこのドブ川で泳がされたことがあることを。
 もう30年も前のこと、夜の10時前橋の上で信号待ちをしていると、酔っ払いが若い女性に絡んでいる、女の子が逃げたので酔っ払いは不貞腐れて欄干に寝そべる格好をした、アブナイなと思ったら案の定川に落ちた。どうせ酔っ払い自業自得だと思って放っておいたら、川向こうで先ほどの女の子が嫌がらせをされたのに”助けてあげて”と大声を出している。

 車を傍に寄せて下りて川をみると、例の酔っ払いはバチャバチャしながら浮き沈みしている。ドブ川なのでどうしようか迷ったけど辺りに人影はいない、しょうがないので背広を脱ぎ、シャツなど全てを脱いでパンツ一枚になって護岸を下りた。
ちょうど今頃の季節なので水はそれほど冷たくない、暗いので汚い水も見えないので気にならない。ボーイスカウト時代に水泳章を貰ったので、こういう場合の対処の仕方に多少心得がある。

 基本どおりにゆっくり後から近づき相手の襟首を掴む、若ししがみ付かれたら潜るのが鉄則だ、水が汚いのは我慢せねばこちらの命まで危なくなる。アゴを掴んで腰を相手の背中に当てて引くと習ったが、酔っ払いだし10mほどの短い距離だし適当で良いという感じで引っぱった。これがマトモな相手なら対応も違っていただろう。

 その頃になると騒ぎを聞きつけた野次馬が集まり始めていた。普段は私が野次馬になってこのような場面を面白がって見ているけど、その時は当事者になっていた。下りた付近まで来ると数名が手を差し伸べて引き揚げるのを手伝った。護岸は石組みなので私は楽に上り下り出来たが、急角度の斜面を酔っ払いを引き揚げるのに手間がかかった。
ほどなく救急車が着たので歩道に寝かせられた酔っ払いは乗せられて行ってしまった。アノ人騒がせな酔っ払いヤローにお灸をすえてくれとオマワリに頼んで帰った。

 車にあった雑巾で身体を拭き裸で運転したが途中から寒くなり、家に着いて風呂に入って寝た。風呂というても当地オキナワではシャワーのことなので温まる事は出来ない。布団を被っても寒い。風邪を引いたと思ったがそうではなくて、川に下りるとき足にキズを付けてしまいそこからドブ川のバイキンが入ったようだ。一晩唸らされた。

 酔っ払いめ、女の子がお願いしなければ放っておいたのに。
たまたま通りがかりの記者がいて新聞に載り、警察から表彰を受けた。もし助けなかったらヒドイやつとしてマスコミから叩かれてケーサツからお叱りを受けたかな。(笑)
スポンサーサイト

<< 子供のころの歌 | ホーム | 住民健(検)診 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。