プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーンズ

私は一年の363日はジーンズ着用である。
年間数日は背広か着物姿になることもあるだろう。
このところ年に2ないし1.5本のGパンを買って、古いのは作業着になる。
つまりGパンにも格があり余所行きと仕事着に分けてある。

先日ダンスの先生が「ダンス用のズボンを買ったら!」とのたまう。
「安いのもあるヨ、2万足らずでしょう。」と畳み掛ける。
”うっ 言われちゃった、2万なんて数年分じゃないか。”と心の中での返事。
”ダンス用ズボンなら足が長く見えますか、上手く見えますか。”と誤魔化す。
Gパンは他所行き用だしポロシャツも余所行き用と気を配っているツモリだが
やはりダンスにGパン姿はダメなのか。

とは言えそれに代わるズボンは・・・・??
困るな~ 
無視する以外に無い。
ゴメンなさい、先生と相手をしてくれる女性の皆さん。

 先日作業着のGパンの穴が大きくなったのでこれまでの余所行き用を格下げして作業着にすることにした。
いや作業着の格上げか。
穴開きが流行っているが、穴開きを止む無く着ている者とはワケが違うみたいだ。
他人が見るとどちらも納得できるスタイルだが、両者の間には大きな差がある。
今日からは余所行き用の作業用Gパンだ。

つい最近までダンスに着て行ったGパンだから
軽やかな足取りで仕事ができるだろう。

 Gパンを買うとき裾上げをしてもらうのは当たり前だ。
ところが、近頃の若者はそれが必要無いようだ。

息子や娘が私の事を笑う、カットした部分で小袋が作れると。
そこで私はGパンの歴史を紐解いて教える。

アメリカの開拓時代はものが無いので、強いキャンパズで作り
しかも袋まで作れるようにメーカーがサービスしたのだと。
ところが子供たちは、”何故この頃は切らないで済むようになったの?”と
小賢しいことを言う。

オモシロク無い、返答に困る。
ところで皆さんも十数センチの端布が出ますか。(笑)
スポンサーサイト

<< Re:インター | ホーム | Le Deserteur  再び >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。