プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テロ?

 厚生省の元幹部を狙ったと見られる殺傷事件が起きた。
テロかもしれないとの見方が有力だ。
でも言われているような”年金"関連でテロを起こすだろうか。年金に深く関わった人が狙われているので、そのように見られることも不思議ではない。もし年金が動機なら個人というよりも組織犯罪だろう。個人が年金で損害を被った場合なら今のご時世では訂正が利き損失の穴埋めが可能だろう。遙か雲の上の人、それも現職でも無い人を殺すのは個人的なウラミとは考えにくい。

 もしテロなら組織だろう、ではその組織と何の利害関係があるか。たぶん直接的な利害は無いでしょう。義憤とか公憤という理屈が無ければテロは出来ない。朝日新聞の支局を襲撃した赤報隊のようなものではないだろうか。

 ニッポン社会にはテロを容認する風潮もある。北朝鮮関連で外務省の審議官宅の不審物が仕掛けられた事件の時、シンタロー都知事は仕掛けられて当たりまえというような発言をしている。また加藤さんの自宅が放火されたときも政府高官の発言は冷たいものだった。反体制的な発言や行動を暴力で封じるのを支持するヤカラが多い、それも要職にある者たちが。

 正義の暴力というところだろう。
今回の厚生省関連の事件がデタラメな年金行政に対する義憤から起きたものなら拍手する人たちも出るのだろうな。今のニッポン国では暴力は必ずしも悪ではないから。
スポンサーサイト

<< 厳罰主義 | ホーム | ラクしてた >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。