プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルジア大統領

 戦争を仕掛ける理由は幾らでも付けられる。戦争にいたるまでの経過に都合の良いように脚色して正当性をつけることもできる。それに国民の一部は踊らされて圧倒的な声になり、力以外の選択肢を選ぶと非国民になってしまう。
こういうことを国の指導者は操作できる。
 ブッシュはその際たるものでしょう。

 先日グルジアの南オセチアで紛争が勃発した。偶発的な事件ではなくグルジア政府軍が仕掛けたようだ。大統領はどの程度考えてその決断をしたのか疑問だ。国内で人気が落ちたのでナショナリズムを煽って人気回復の手段にしたのか、その程度にしか理解できない。前々から南オセチアでは問題があるのは知っていた、しかしこれほど緊迫した情勢にあるとは思わなかった。
膠着状態だから事件を起こしたのか、グルジア側の意図がわからない。というのも軍事衝突してロシアに勝つ自信があったのか、考えても分かるのに。ロシアが介入してこないと判断したのならアホだろう。

 ロシアにしてみればチャンスと捉えているいるにちがいない。グルジアの後にアメリカが控えているので、虎の威を借りたツモリになったのか。アメリカは政治的な口先介入はするだろうがそれ以上は難しいのじゃなかろうか。それでも事を起こさざるを得ない別の事情があったのか。
オリンピックの開幕に照準を合わせば世界の耳目を集めることは確かだ。しかし相手は腐っても鯛のロシアだ。近年はソ連邦解体のどん底から石油成金になり自信が回復し世界の指導者に顔を出したがっているロシアを相手にするのに軍事力で向かうなんて考えられない。

 こう着状態になり世界から忘れられそうなのでこの機にチョット・・と考えたのか。チョットがこれほど反撃されるとは考えていなかったようだ。あの大統領西側の支援を受けて舞い上がりすぎじゃなかろうか。
軍事衝突の結果グルジアは何か得るものがあったのか。ロシアは世界的にはイメージダウンにはなるが南オセチアへの介入度や支配力は増すだろう。実益はちゃんと受け取るだろう。
グルジア大統領はオウンゴールをしたのじゃなかろうか。
スポンサーサイト

<< 結審 | ホーム | 薄利多売? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。