プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄利多売?

 スーパーは薄利多売をモットーとする小売店だと思っていた。
ところがどうもそうでは無いようだ。スーパーは予想以上の割合で粗利を上乗せしているのに気づき目くらましにあった気分になった。

 先日テレビを見ていたら豆腐製造大手の営業奮戦記のような番組をしていた。スーパーに卸す価格が採算点を割り込んだので値上げ交渉をしたがスーパー側に断られている。100円で売られている豆腐の源かは37円(だったかな)なのに原材料やその他の経費が嵩んできたので値上げをしたかったようだ。ところがこのところの値上げブームでスーパーは低価格で勝負したい、思惑が一致しないのは当然だ。でも流通を握っているのはスーパー側なので壁は厚い。
その番組の中でスーパーは4割の粗利を乗せていることが分かった。
4割はチト酷いんじゃない!

そこで経営者は直売店を開いた、スーパーで98円で売っている品を直売所では58円と全ての商品を大幅に値下げして売る手段に出た。それでもスーパーに卸すより利益が大きいとのこと。
力のある製造業者だからできるのだろう、しかしスーパーが4割もかけているとは知らなかった。

また先日も全国的な漁船ストライキのルポでも、魚価は小売価格の1/4程度で、大口仕入れ業者による値付けでセリが成立しなくなっている。そこでもスーパーは4割を掛けていると報道していた。

私がたまたま見たテレビ番組の2例だが、スーパーが4割掛けているのは事実のように思われる。
チト掛けすぎじゃないかな。

スーパーは薄利多売で成り立っていると思っていたら、その価格支配力でタップリ利益を上げているとは知らなかった。スーパーは安いと思っていたが泣いている人を踏みつけて利益を上げているとは知らなかった。
消費者として安いのは歓迎だが、こういう仕組みは考え直す必要がある。
グローアリズムに名を借りた価格支配はぶっ潰すべきだ。
スポンサーサイト

<< グルジア大統領 | ホーム | 対案 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。