プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対案

 国会論議で「民主党は対案を出せ」という声を聞く。それも議員だけでなく街の声をテレビで取り上げる。
この場合の対案は予算措置を示すことが多い、予算の裏づけが無いので机上の空論とか絵に描いたモチと批判し、だから野党はダメなんだでチョンとなる。

私は対案とは理念でありその事を実行する予算ではない考える。
無責任のようだが議会での論戦は理念の論争であってお金をどうするかは別のことだ。もしその理念が正しい方向なら予算を組み替えればよい。理念の論争をせずにお金は何処から持ってくるのかと叫ぶのは問題を矮小化している。

 ジグソーパズルのように妙な形で収まった予算を数枚剥がし別の場所に嵌めなさいと言うのは無茶なことだと分かるでしょう。そんなことが出来るわけが無い、それを承知で予算問題を持ち込むのは論争を避ける、あるいはハナから馬鹿にしている態度だ。

予算お金というならはめ込まれたものを入れ替えするのではなく、描かれたデザインを刷りなおすべきだ。もしカネの話をするならもっと踏み込んで款項目の款まで遡って議論をやるべきだ。

 この対案について友人へのメールに少し書いたが、基礎データは全て政府の手にありしかも公開しない、不十分な情報に基づいて政策を立案すると相手にマチ打たれる。(方言です。)まず情報を公開させそこから議論すべきであるとその時書いた。今でもそのように考える。
意味が取りにくい文章になっちゃった。
この方の文章が分かり易いかな。私が言いたいことを書いている。
    
http://yamaguchijiro.com/
 小沢の課題は、政策の現実化と政権運営の体制準備の2つである。

 政策の現実化ということについて、前原誠司前代表や一部のメディアが言うような細かい財源を明確にすることは必要ない。マニフェストという言葉は日本でも定着したが、そこには日本的な誤解がある。日本にのけるマニフェストの提唱者は、財源と実現時期の明記を強調するが、政治にとってそれはむしろ二の次である。マニフェストはパソコンの仕様ではない。その根底には思想が不可欠である。思想が明確になっていれば、負担増を求める際にも順番がおのずと決まる。

 たとえば農家の戸別保障を実現するためには、従来の土木中心の農業予算を大幅に組み替えればよい。無駄を省くとはそういうことである。そうした予算の組み替えをしてまだ財源が足りなければ、負担増を議論するということは今から率直に言っておいた方がよい。その場合、累進所得税、法人税、消費税などの中でどのような順番で負担増を検討するかを語るべきである。
スポンサーサイト

<< 薄利多売? | ホーム | デヴィ夫人のブログ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。