プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧めサイト(メモ的に)

 鈴木邦夫という人は好きだ。かつては右翼というだけで拒否反応が出たが私が年をとったのか、元々軟弱な考えしかできない私の思想性の弱さか彼の書いていることがマトモに見えてきた。図書館へ行くと雑誌「創」の彼のコラムをまず読むようになった。彼鈴木邦夫を知ったのも「創」だったかもしれない。

 バブルの頃右翼団体の率いている若い人と一度だけ会ったことがある。日大全共闘を相手に武闘派でならした方のようでチラッとその頃の話をしていた。バブルの走りの頃東芝がココムかチンコムかその辺りの違反で世の中を騒がしたことがある。その時彼は東芝に乗り込み東芝が開発した何かの販売権か利権を手に入れたとが話していた。右翼団体とは、愛国とかナンとか喚いていても結局カネ・利権を漁っている組織である。そうであろう事は分かっていたが改めて確認できた場であった、その時の鴨料理は美味しかった。

 右翼もいろいろだが、鈴木邦夫は異色でしょう。マトモな尊敬に値する右翼です。着眼点というか発想力がスゴイ、行動力がスゴイ。生ぬるい私は羨望とジェラシーを感じることさえある。
いいものを見つけたのでメモしておこう。

リチャード・クーの解説は分かり易かった、本を読む機会はあるか。図書館に置くのかということです、本は図書館で読むと決めている私は金を出して買うことはしません。ところでこのところTVでお目にかからないが、どうしてお払い箱になったのだろうか。
   ------
●鈴木邦男をぶっとばせ!
■北朝鮮に行ってきました!
http://kunyon.com/shucho/080505.html

■「右翼」という原罪 =ピョンヤン・レポート(Ⅱ)=
http://kunyon.com/shucho/080512.html

■「よど号」問題解決への革命的提言をした!
http://kunyon.com/shucho/080519.html
--------
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/757dee935cd53189a790a9ce6b31d665

『日本経済を襲う二つの波』 リチャード・クー 著 
現在まともに機能している金融市場は、世界で東京だけである。
スポンサーサイト

<< アメリカ総領事館に火炎瓶 | ホーム | オリンピック招致と皇太子 >>


コメント

クー氏の新刊

私も読みました。わかりやすいですよね。彼は小泉政権時代に金融庁を批判したため干されているのではないでしょうか。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。