プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六月二十三日

魂魄の塔



 ジリジリと照り付ける太陽の下もう真夏だ、毎年この日はこのように暑い。
この暑さにセミの声すら聞こえない、それとも静かにして霊を慰めているのか。セミは大声で合唱した方が鎮魂に相応しい。
六月二十三日は慰霊の日です。

今年も「魂魄の塔」をお参りしてきました。沖縄戦の慰霊といえばこの魂魄の塔が原点であると考えている。珊瑚石灰岩を加工することなくそのまま2段に積み上げただけの土饅頭の形をした質素なもので、戦火に追われてこの地まで来て終戦を迎えた住民が遺骨を拾い集めて納めたのがこの魂魄の塔です。
遺骨蒐集を始めたのが真和志村民を中心とした人たちであったそうだ、今では那覇市と合併してその名称が消えてしまった真和志だが、私も小学生の頃まではその真和志村民だった。この辺りも魂魄の塔へ足を向かわせる要因になっているのかもしれない。

 花にお茶やアワモリ、タバコにお菓子類は飢えや渇きで死んだ人への悔恨の気持ちの現れでしょう。線香の煙の他にウチカビの煙も混じる、あの世で好きなものを買えるようにとの心づけである。火をつける年配の方、それを見守っているように老婆が車椅子に座っている光景は毎年のこととはいえ胸が熱くなる。

この熱き思いは胸に仕舞って置くだけだけでなく”平和"への運動の源にしたい。子供が小さい頃はこの日に合わせて連れて来た。孫を連れてきたこともある。この子たちに上手く受け継がれているのか。今年はいろいろあって私一人だけの参拝となった。

 沖縄戦を思い出すと高校の担任新垣秀雄先生のことも合わせて思い出す。先生が詠んだ歌集を開いてみた。私が大好きな歌は何処にあったかとページを捲ると次々と胸を打つ歌が目に飛び込んでくる。どれも先生の苦悩が刻まれた歌だ。
先生の教科生物は丸っきり頭に入っていない、生物の分類や雌しべオシベがアタマに残るよりも先生の戦争を憎む心を詠んだ歌を感動と怒りの気持ちで感じ取れる人になったので先生への恩返しができたと考えている。

ウチナーンチュなら読んで直ちに理解できるけど、ヤマトゥーには説明しないと通じない面があるだろう、その歯がゆさ・読み方の技法でグループ内で論争したこともあったそうだ。

 ※ 隊編成せざりし校長の英断に青年師範に慰霊の塔無し

一番ショックを覚えた歌です、意味を問うて尚感動しました。このリッパな校長は”シマブクロ”と覚えている、もっと賞賛されて然るべき人だと思う。
スポンサーサイト

<< デヴィ夫人 | ホーム | ビーチパーリー >>


コメント

良い歌

歌を受け止める側に軽重はあるのでしょうが
良い歌だということはヤマトンチューの私にもわかります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。