プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会計検査院

 我がニッポン国には会計検査院というのがある、国関係の役所の公金の使われ方に関して会計帳簿をひっくり返して検査できる機関であり、独立性の強い役所である。

 タイヘンな権限を持っているので検査が入るということになれば対象機関はテンヤワンヤで大騒ぎして対策を協議するであろう。検査結果がその後の行政運営に生かされるということで国民に還元されてメデタシめでたし。地方・県にも同じ趣旨の機関ー会計検査委員会ーが設置されている。良い制度だと思う。
ただしリッパに機能したならばという前提がつく。

 本来なら期待される機関であるが影が薄い。やはりここもやはりニッポン型の役所であるからでしょう。警察司法のように罰を与えて改善・ハンセイさせるというよりも話し合いで一緒に改善の道を探るというのが強いようだ。検査する側も検査を受ける側も仲間同士という気分があるのだろう。
ムカシ新聞に会計検査院の特集記事があり、その中で検査院の予算は50億円、そして指摘する不当事項の金額が50億円ちょっとということだった。この検査院の予算と不当事項の指摘額との関係は長年変わっていないらしい。
つまり自分達は与えられた予算を使いそれ以上の不当事項を見つけるので費用対効果が充分にあるというアリバイのようだと記者が書いていた。

 そう言われて見れば確かに一理ある。そこである機会に建の監査委員会で監査報告書というのを貰い読んでみた。内容はくだらないどうでもいい事項の指摘に留まっている。帳簿の付け方が違っているとか法令の解釈が違っているとかに留まっていた。
私が期待しているのは、入札制度の改善とかの根本的なことを指摘してもらいたいのだ。
 これまでに県の支出は不当だと検査委員会に訴えたことが3~4回ある。(その他大勢の一員としてです。)しかし検査委員はいつも「正当に支出されている」として我々の訴えを蹴る。結論を出す最大の理由が帳簿上適切にー請求書があり支払手順にもハンコがちゃんと押されて、予算に見合う金額が支出されているー処理されているということだ、つまり形式的に不正は無いと言うているのだ。
我らの要求は事業そのものが可笑しい、間違っていると訴えても、その辺りは一顧だにせず会計手続き上問題無いと言うのである。アホか・・・

もう少しマシな仕事をしなさい、と言いたい。
新聞に出ていた「会計検査院に民間人の知恵を」という記事があった。良いことだと思ったら、ある人が各省・検査院・民間による巨大なアクを隠蔽することの繋がるという発言があった。
検査院の手が入っている事案については国会でも逃げている例が紹介されている。いわれてみればその通りだ。

 どういうことなのかURLを記すが何処に問題点があるかを探すのは一苦労だろう、その人が抜き出した私はダイジェスト版を読んだから分かる。(笑)

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/001816920080214008.htm

イジワルと言われかねないのでダイジェスト版から更にその一部を載せます。
------
○ 長妻委員

(略)
そして、もう一点。二十七ページでございますけれども、こういう資料を調べていただきました。平成十四年次から六年間、十九年次までで、国交省でいまだ公表されていない法令違反等による不適切な会計処理、これが隠されております、三十四件。この三十四件の法令違反等による不適切な会計処理について発表いただけないですか。


○ 冬柴国務大臣 

会計検査院の照会文書というものは、会計検査事務の過程において、検査を受けるものの説明を求めるために発せられる質問であります。会計検査院の正式な見解や意見の表明ではないと聞いております。

 会計検査院では、意思決定の中立性や厳正、公正な検査の実施を確保するため、照会文書の内容は一切公表しないこととしていると承知をいたしております。その内容が今のものでございます。

 国土交通省で不適切と認められ改善した指摘三十四件につきましては、会計検査院からの照会に基づいて行ったものでありますので、独立した地位にある会計検査院の判断を尊重し、照会文書の内容、さらにはその内容に関してとられた措置を公表することは差し控えさせていただいているわけでございます。
スポンサーサイト

<< サマータイム | ホーム | 『千と千尋の神隠し』 (一) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。