プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき

 復帰前のこと国際通りで勝共連合のメンバーがハンドマイクで”共産党は悪魔だ、ソ連は・・中国は・・”と毎日訴えていた。
しかし、しかしである、毎日事件を起こすのはアメリカ兵であり、ソ連人や中国人は見たことも無い。そのような状況で、ソ連は悪魔だだから反対しようなんて言うても共感は覚えない。それよりも青信号で横断中の中学生を轢き殺した米兵は公務中という理由で全くのお咎め無し。ソ連の脅威を阻止する為に米軍は駐留していると言われても納得出来るわけが無い。

 遠い親戚より近くの他人ではなく、遠い脅威よりも近くの脅威が怖いのだ。その状況は今も続いている。だからアメリカ軍およびそれを強烈に支持しているヤマト政府に反感を持っている。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、敵の敵は友とも言うのでアメリカーよりアルカイダを応援したくなる。

 このような立場で今度の中国での大地震を見ると中国でコトが起きるのを待っていたようにマスコミがこぞって報道している。それがアラ探しのようにも見える。人的支援を断っているのをミャンマーと同じように扱いたいのだろう。
しかし人的支援を断る中国側の気持ちを推測すると、救援に赴いた解放軍ですら現地へ足を踏み入れることが出来ない現在外国人の救援隊を受け入れが出きるはずが無い。状況の把握すらできていないのに外国人救援隊の対応ができるとは思えない。
 タイムリミット、生存率が格段に下がるといわれている72時間をスタジオから盛んに喚いているけど、そのようなことは災害担当者なら誰でも知っていることだろう。それを手をこまねいて眺めているだけならともかく、多分それなりの体勢を取っているだろう。ああいう国だから方針が決まれば全体がそれに向けて動き出す。首相が現地で陣頭指揮を取っているのもその現れでしょう。 

 何かにつけて問題が起こるのを待ち、それを期待している報道を見聞きすると判断を誤りそうだ。これ以上書くと贔屓の贔屓倒しになりそうだから止めよう。(笑)
災害の対応なんて何処も似たり寄ったりじゃなかろうか。近い例ではカトリーナ、あの時はあのアメリカでさえ対応の遅れや右往左往が報じられた。阪神大地震の時はどうだった。

 実際には起きていない地震に揺られて私のアタマに断層ができたような書き方だな~
スポンサーサイト

<< 東シナ海のガス田開発 | ホーム | ニュースを見て、読んで、 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。