プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思うに・・

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/comp/n_web_site3__20080315_4/story/20080315jcast2008217722/
携帯から自民党サイト見られない 「青少年保護」で起きる異常事態 (J-CAST)

皮肉なことに、このフィルタリングサービス促進の動きは、政府与党である自民党の携帯電話向けサイトを一部の未成年者が閲覧できない事態をも生んでいる。
   --------
このニュースが何時まで読める状態にあるのか分からないが、青少年保護の為に携帯から見ることが出来なくなるサービスだという。報道されている内容よりもピックアップした部分、自民党のサイトが見られないという箇所がおかしいので紹介した。

確かに自民党は有害であるヨ。(笑)


今日のテーマは拉致問題
昨日官房長官に家族が面会したとか・・。家族会が何を考えて行動しているか理解できない。今の状況をホントに前進させたいのか疑問に思う。
この問題は最初からヘンな方向へ進んだ、日本側の対応が不味かったと考える。北の金さんが拉致を認めたときマトモな対応を日本側がしていたなら状況は今とは変わっていただろう。あまりにも感情的になり過ぎた。それをナショナリズムに利用し、利用された時点で性格が違ってしまった。

 政府の高官、それも国を代表する人の発言の重みはそれなりにある。それを日本が軽んじた。金総書記が認めたからにはそれなりの対応があったはずだ。それを”それみたことか”とばかりに叩き続ける姿勢は外交では無いだろう。
ニッポンの周辺諸国に対する第二次大戦の責任についてのハツゲンを見ても分かるように、歯に衣を二重にも三重にも被せている。それほどエライ人のハツゲンは重要なものだ。あの時国の最高指導者が認めたのだから次の段階に進むべきだった。それを感情に流されてこれ見よがしの態度を取ったことが外交的に正しかったのか。

 その状況を利用して総理大臣にまでなった御仁がいるので、その人にとっては大成功だっただろう。しかし拉致された家族の想いはかえって遠のいた。

拉致に関しては解決を望まない勢力が大きいようだ、仮にそれが無意識的になされていても。
スポンサーサイト

<< イラク国民の気持ち | ホーム | チベットの動向 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。