プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗くなる

 裁判からシンポジュームに参加する。
裁判は林道工事を止めさせる為です、元々オキナワには林業と呼べるものは無い。それなのにヤンバルの自然を破壊して林道なるものを建設し、建材にならないイタジイなどを伐採してチップにする。そんなアホなことを県が行なっている。しかもヤンバルを世界遺産に登録しようという動きがあるのに山の生態系をズタズタにしてします林道工事を何の疑問も持たずに突っ走る。

 副INN4m、延長距離2Kmならアセスを実施しなければならないので、長さを1.98Kmにしてアセス逃れをする。これが県のやることか。アセスを実施すると林道を造れないから姑息な手段をとるのだ。これを堂々と行なう所に権力の強みがある。
林道工事は地元産業の振興というが、地元建設業者のための工事でしかない。

 腹立たしく思ってもどうしようもない、どうしようもないので裁判にまで訴えるのだ。でも裁判所は違法性を認めながら屁理屈を捏ねる判決を出す。不法と言いながら”しかし・・云々”と述べて県の行為を追認する、何のための裁判所かと八つ当たりしたくなる。
 今回の裁判は北海道や広島で同じような裁判を起こした大学関係者や学会関係者の証言があったので、普段の裁判とは違って面白かった。映像あり、原告女性の直接の声ありの見ていて訴える力のある裁判であった。

 そのあと証言台に立った学者さんなどを含めたシンポジュームにも参加した。そこではヤンバルの林道だけでなく全国的、世界的な視点での実例報告がなされた。中でも地球温暖化と環境の話を聞いていると次第に暗くなってしまった。明るい展望が見出せない、どうする・・と考えてもどうにも手も足も出ない、こういう運動に参加することすら苦痛になる。

 何も考えずに楽しく生きたほうが良いのか・・・
そんなことが出来るなら初めから参加していないよな~
では今後どうする・・・
シルカ!
スポンサーサイト

<< 与党のうまみ | ホーム | お題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。