プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mixiに書いたことだが

mixiからの転載で今年を締めるのもナンだけどmとりあえず。
   ---------
「悪事は許されることがあっても、侮辱は許されることがない。人にはそれぞれプライドというものがあり、それがいつまでも馬鹿にされたことを憶えている」(チェスターフィルド卿『書簡集』、1748年)
-----
そうそうと言いたい。下記サイトの記述です。

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/TEST03.HTML
「森田実の時代をきる」

 森田実を知ったのは60年代の後半に彼の著書、毎日新聞の敏腕記者として彼自身が調べてスクープ記事を放った内容を書いた本を読んだのです。タコ部屋への潜入調査も行なっている。
その後テレビのコメンテーターをしていたが、藩権力志向なので干されたようだ、だからこそジャーナリストして信頼できる。(ホントはテレビで正論を述べてもらいたいけど。)

 誰かが言うていた、たったマッチ1本でダイナマイトは爆発すると。
人間が爆発するのは些細なことが多い、しかもそれに対して大きな代償を払わなければならない。
 今の世の中キレル人が少なくなった、キレル他人は多いが切れ方が単純で私的な怨嗟に終わっている。あんなのはダメだ、切れるなら公憤でなくちゃあ。私憤になるとコトは大きくてもチッポケだ。
キレルなら公憤、権力に向かえ。
テロをしなさいと言うつもりはありません、方法は別の手段ですが怒りの向きは対権力です。お間違いの無いように。
スポンサーサイト

<< 南京虐殺 | ホーム | ガス田について >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。