プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボジョレーヌーボー

 世は将に偽装の時代だ、有名大手が賞味期限や産地を偽っている様子が事細かく報じられている。賞味期限については自縄自縛の感じがする、はじめから伸ばしておけば良いものを新し物欲しがり屋の国民性に迎合するからこうなるのだ。賞味期限切れを食べた結果モンダイが生じた報告が無い、つまり賞味期限なんて販売戦略の一つにしか過ぎないということです。
意味の無い自縄自縛です。食品の賞味期限を考え直すと莫大な量の食料が節約できるという記事を読んだことがある、その通りです考え直して欲しい。

 賞味期限は初物好きのニッポン人の特性かと思いきや外国にもあるようだ。
ボジョレーヌーボー、ワインの新酒で今年仕込んだものを飲む風習らしい。乙女が葡萄を足で踏んで搾り出すところを描いた絵や映像を見た覚えがある。汁は樽まで流れていって貯蔵される風景である、その樽に仕込まれた葡萄果汁が発酵を終えた頃の11月に味見をするのがヌーボーだろう。
毎年11月の第3木曜日がその解禁日で、時差の関係でイチバン早く飲めるのが日本である。

 ワインに凝った時期もあった、とはいえ持ち金の関係で1升千円程度のシロモノを飲んでワインを味わっていると自慢しただけです。中程度のワインを飲み続けてそれをベースにしたら自分なりの格付けができるけど、料理用ワインに近いレベルのワインを飲み続けると他の全てが美味しいものになる、良いといえば好いのだがチト寂しい感じもする。

 今年は解禁日にボジョレーヌーボーを味わうチャンスがあった。お茶のグループと和食を食べに行ったとき、たまたまそのホテルでヌーボーを味わう会が開かれていた。それなら・・と我々もヌーボーを注文する。日本酒と同じく料理にも合う。ただ軽やかだが物足りない味、コクが無い。普段ワインを飲みなれた人にはたまにはこのような軽めのものが美味しく感じるだろうが、生活様式の違う私には物足りなく思われる。
それでも酒なのでガブのみに近い感じで飲み続けたら少々酔った。ホテルで飲むボジョレーヌーボーなのでそれなりの料金がするだろう、しかしその会は積み立てた資金で飲み食いするので心を煩わすことなく味わえる。美味しい料理にワイン、良かったです。

なんというても懐具合を気にせず味わえるので精神的にもリラックスできて心地好い。金持ちって何時もこういう気分で飲み食いしているのだろう。この点では羨ましい。
年に数回しかないこの日を充分楽しみました。
スポンサーサイト

<< ハーレーダビッドソン | ホーム | ダンスの会員募集 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。