プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う~ん 参っちゃう

韓国の方って時々強烈なストレートを投げてくる。
ウチアタイすることばかりです。
論評抜きで全文掲載します。
--------------

http://www.chosunonline.com/article/20071007000020
【コラム】韓国人は「沖縄集会」を取り違えるな(上)


 10年前に沖縄を訪問した際、現地では「独立論」が盛り上がりを見せていた。ちょうどそのころ、コザ市(現沖縄市)の市長を務めた故・大山朝常氏が95歳にして「過去について語れないなら、死ぬこともできない」として書き上げた『沖縄独立宣言』がベストセラーとなっていた。3人の子どもと母、兄を奪った戦争、米軍政時代の祖国復帰運動など、大山氏の語る過去からは、つらい記憶が影を落とす沖縄の近代史を知ることができる。大山氏はこの本の中で、「ヤマトは帰るべき『祖国』ではなかった」、「沖縄世(ウチナユ)に戻ろう」と主張した。「沖縄世」とは薩摩藩の侵攻により沖縄が独立を失った17世紀以前の時代を指す。


 当時沖縄では一国二制度の下で日本の他地域とは制度の違う「自由貿易地帯」として再出発しようという議論が、現実的な方策として語られていた。大山氏はその2年後に亡くなった。だが彼の独立論も、二制度論も、大きな流れを作ることはできなかった。日本政府が沖縄の動きに驚き、沖縄の振興計画を発表すると、沖縄の人々の不満も鳴りを潜めた実際に当時沖縄で独立論に関する動きを取材しながら、沖縄の人々が望んでいるのは独立ではなく、より多くの支援だということを実感した。


 沖縄が自分たちを見捨てた宗主国を、祖国として選んだのはなぜだろうか。日本はかつて戦争に執着して沖縄住民の5分の1が死にゆくのを傍観した。一方沖縄は戦後独立する機会があったにもかかわらず1972年に日本に復帰することを選んだ。取材当時、「米軍政下で疲弊し、何かすがるものが必要だった」という反戦運動家の発言に拍子抜けし、混乱した覚えがある。最終的に沖縄県民が選んだのは豊かさだった。日本は米国に3億2000万ドル(当時の為替相場で約990億円)を支払い、沖縄を領土に編入した。そして沖縄は天文学的な額の財政支援と税制面の優遇を受け、裕福な日本を構成する一員となった。


【コラム】韓国人は「沖縄集会」を取り違えるな(下)


 最近、沖縄で日本政府の歴史歪曲(わいきょく)をめぐる抗議集会が開かれたことが、韓国の一部で共感を呼んでいるらしい。第2次世界大戦当時、沖縄の住民に対する「集団自決の強要」があったかどうかという問題と、「慰安婦の強制動員」があったかどうかという問題が、同じ系統の問題のように映るからだろう。


 しかし沖縄の問題は、本質的に日本の内政問題だ。沖縄は今、歴史を日本に委ねてしまったツケを支払うはめになってしまったと言えるかもしれない。もし日本政府が教科書の内容を再検討して「強要」との記述を復活させたとしても、それは独立を放棄したことへの対価の一部と言えるかもしれない。日本に以前から存在する沖縄に対する同情論と、日本政府の過去の対応を考えたとき、今回の問題は沖縄の人々が求めている形で決着がつくはずだ。


 沖縄を見ていて気がつくのは、歴史問題をめぐる韓国と沖縄の対処法に類似点があることだ。市民が大勢集まって糾弾することで、日本のメディアが大きく書き立て、世論に対し日本政府が対応するという一連の流れは、両者に共通している。韓国人が今回も沖縄の問題の本質を見誤り、「なぜ沖縄の言い分は聞き入れながら、韓国を無視するのか」と主張すれば、それは子どもの駄々(だだ)と同じで、恥ずべき行為だ。


 もちろん日本政府は沖縄に関しては教科書の内容を修正しても、韓国に対してそうすることはない。それは韓国が独立を取り戻した国だからだ。だから韓国には沖縄のように、市民が集まって抗議を表明する必要もない。われわれには政府もあれば、独自の教科書もあるからだ。われわれは真実を記した教科書を子孫に伝え、韓国政府を通じて偽りの歴史を語る日本を非難すればよい。


 沖縄で抗議集会が行われたのも、自分たちの歴史を保護してくれる国も、政府も、それを伝える教科書も存在しないからだ。独立を放棄した沖縄から、われわれが学ぶべきことなど何一つないのだ。


東京=鮮于鉦(ソンウ・ジョン)特派員


朝鮮日報/朝鮮日報JNS
スポンサーサイト

<< 亀田ねた | ホーム | 引き続きケンテイ問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。