プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さいかい

西安から戻ってきて2週間が過ぎた。このブログを何時から書き始めようかと思いながらついつい放っておいた。書かなければ書かないでラクなものだ。
しかし旅のことだけ書いていると何かいい足りないものが出てくる、それで書こうとしたらやはりメンドウだとなり放っておく、怠惰だまったく。
意を決して書き始めよう。

 書くとなるとやはり「教科書検定問題」になる。
出発前から問題になっていたことだが、アベの意志が強く反映された教科書検定である。南京虐殺、慰安婦問題そして沖縄の集団自決に軍は関与していないという検定意見。アベの国家観が真正面から出てきた。広義の狭義のと問題を矮小化して国際的非難を浴びたら国内の引き締めに取り掛かった。アベは北の金さんが羨ましいに違いない、右向け~右で一斉に行動する国民の首領になりたいに違いない。

 ウチナーが怒るのは当たり前だ。摩文仁の戦争記念館(?)の展示の時に壕のレイアウトですったもんだしたのは何時のことだった。県は反省が足りない、だから文部省に舐められるのだ。あの時の反省をしっかりしなさい。

 せっかく県内が一応纏まっているので県の批判はこの程度にするから、県民の想いを政府に伝えてもらいたい。文部省は検定結果はそのままにして教科書会社からの訂正申請でお茶を濁そうと画策している。県知事も自民党県連もそれに乗っかりそうだが、ウチナーの歴史、精神構造に重大な影響を後日与えることになるから禍根を残すような安易な解決策を取ってもらいたくない。自律とは経済的な面は大きいが実は精神的なものがより大きいのだ。歴史を失った民族の末路は哀れなものだ、我が島ウチナーが金の為に歴史をうやむやにすることは許されない。

一緒になって怒ろうヨ 
いまこそ怒りを爆発させる時だよ。
スポンサーサイト

<< タイトルなし | ホーム | 夏休み? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。