プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慰霊は平和?

 昨夜ある集会に参加した。友人から参議員選挙の集まりがあるのでと誘われたのだ。
会場へ行くとチョボチョボの人が集まっていて、辺野古基地新設やヘリパッド基地の移設問題をスライドを使っての説明を聞いている。
 その後会の代表者がこの会の趣旨と経過を話し始めた。その時初めて会の名称を知った、「平和を・・・・する学者・文化人の会」であるそうだ。それで参加者の顔ぶれがこれまでの選挙集会とはちょっと違うのだ。私は友から誘われたことだし、参加費の千円も納めた後だったので場チガイ、マチガイという居心地の悪さに耐えて坐った。(笑)
参加者があまりにも少なく、山の賑わいにしては枯れ木が目立ってしまうほどだった。代表の言葉も準備不足とこのところの負け選挙のハンセイをして討論ないし意見発表となった。

 弁護士、大学教授に詩人に音楽家と多才な人の話は聞き応えがある。中でもアメリカ人の政治学者の発言が面白かった。
 憲法はニンゲンを作る、戦前の欽定憲法では臣民を作り、現憲法は国民・市民を作った。自民党は改憲とはいうていないで新憲法をい作ると公言している。ではその憲法の下では如何なる人が作られるか。

 世の中に無関心層は多い、現在の憲法には無関心権というのは無い、しかしそれが許されている。”新しい”憲法案ではどうなるか。人権という項目はあるが制限つきである。制限の付いた人権は人権ではない。無関心は許されるか、戦前の隣組、体制翼賛を見ると明らかな通り無関心なんてのは許されない。

 社会の動きをマグマと表現するが、運動をする側はマグマを噴出させる手段方法をもっと考えるべきである。
このような趣旨の発言をしていた。訴えが判り易い、やはりいろんな人の話を聞くべきだと思った。

 折りしも今日は6月23日、高校教科書から集団自決の記述削除問題が起きている広義・狭義の問題にすり替えようとしている、。問題を矮小化して歴史改竄を試みる姿勢は従軍慰安婦問題と同じであり自公政府が目指す美しい国の姿である。

 モノゴトを批判的に見る目を子供たちが養うことこそ真の学力となるのに。従順とは隷属であることをクァウマガに伝えていきましょう。

 我が高校の恩師、同級生と戦場を彷徨い生き残った先生の和歌から

おやめなさい。歌も叫びもポリシーも
    静かな祈りの聖地なのです

慰霊の日の主役は土に還りうせ
    ピエロが踊る残骸がうたう

摩文仁野に違和感がある[君が代]に
    慰霊の心を包まずに立つ
スポンサーサイト

<< 賞味期限は? | ホーム | 片耳が難聴 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。