プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友へのRes

本日は標語とか俳句に縁がある日だ。
偶然にも大学時代の先輩、と高校時代のクラスメートから届いた七五調。
一緒にResします。
七五調とか言葉の凝縮遊びには縁・才能の無い私ですが
釣られて試してみます。

> > 会社で安全標語の募集があり、朝の電車で考えた。
 ・・・
> > ベルト良し 足元良しと 声かけて 今日も元気に 気をしめる
> >
> >
> > 空青く 今日の元気に 感謝して 一仕事一片付け 安全職場
> >
> > ゼロ災害へコミットした 世界に広がる 我らの職場 送った人の顔も見えるよ
> >  安全便り
> > ゼロ災害へコミットした 世界に広がる 我らの職場 貴方の幸せは 私の幸せ



災害も報告しなきゃ ノー災害 分かるねお前 上手くやれ

事故出せば 日勤教育覚悟せよ 再教育先はJR西だぞ 

ゼロ災害 掛け声ではなく 生活の
      今日から明日への 架け橋だ
           


   ----
> そんな中で少し風狂に凝ってみようかと、暇に任せての句作りに挑戦してみました。
>ご迷惑でなければ、ご感想など頂き・・・・・なんて堅苦しいことはやめにして、
>下手な句にお付き合い願えれば幸いです。                             
    (桜も終わる頃、近くの公園でベンチに坐る老人を見て)    
             花吹雪  命を待つや  老い独り


 若きころ付きし丹頂の染み、白髪でも覆えず禿げても消えず。あの赤さは年とともに薄まり周りの景観に融けていく。しかし斜めでしかモノゴトを見なくなったのか目に映る景色は歪み道が入り組み先が見えない。高い処から眺めれば道筋も見えるだろうと思えど、メタボリック症候群は腹回りのみならず脳にも付着しているようで超低空飛行もママならない。

 友人知人が世の為他人の為社会の為に身を打ち込んでいるのを見て、私にはこのような素晴らしい人が身近にいるのだと周りの人に吹聴しているだけで我が身が彼らと同列に置かれているような心地好い錯覚に陥り、それを楽しんでいる自分に恥じ入る。恥じる気が残っている分まだ救われると思うも、心の中の片隅でそのように思っているのではなくて大部分を占めているのが疎ましい。

丹頂も 巣篭もりだけで 流される

 俳句や歌は必要に迫られる状況が時々出てくる。お茶の楽しみ方の一つに「香付花月」というのがある。昨秋それの真似事をしたとき「虫の声」という題で句を読むことになり事前にお題が知らされていたにも関わらず四苦八苦、アセ状態でした。

まず伝えたい情景が浮かび上がらず、無理に考えても表現する言葉が浮かばない、詰まってしまう。琉歌や歌・俳句、言葉遊びは難しいです、素直さが足りないのでしょうか。

本来なら感想を書けばいいのでしょうが、逃げておきます。
さてさて最近は物覚えが悪く、書くには書いたがそれを何処の場に発信したのか定かでなくなっている。自分のブログに書いても調べるのがメンドウだし、他所の掲示板ならもう調べようが無い。それで重複する場合もあるので予めお断りしておきます。

 ヤマトゥーとウチナーの酒の飲み方の違いがある。
沖縄の旅行社が企画した黒部アルペンルート観光ツアーに参加したことがある。かつて歩いたミクリガ池付近にから四ダムへはあの頃は無かったロープウェイでス~ッと降りた。観光用にダムの放水までもしてくれる、ビックリやら感激だった。
さて扇沢の旅館での話、大広間での夕食のときひと通り配膳が終わった頃、仲居さんが”ご飯はどうしますか?”と問うた。
 ヤマトゥでは「後でいい」という声がフツーだろう。ところがどっこいほぼ全員が「今」とか「直ぐに」と注文している。お膳の上のサシミやら向う付けに煮物などで酒を飲んだ後にやおらご飯を味噌汁や香の物でお茶漬けで終わるのがヤマトゥスタイルだと思われる。
それに対しウチナー式はサシミやその他で酒を飲みながら、ご飯も食べサーフーフーする頃はお腹もイッパイになる。これで体制が整うので以後本格的に酒が飲める。つまりご飯を食べたら酒はオシマイというルールが無い。
むしろカラ酒は身体に悪いから食べて飲むというのが健康的な飲み方とされている。よい風習なのだろう。オワリの合図なりシキタリが無いというのはウソだろう。不都合なことは忘れ去るという世のシキタリに則っただけだと思う。

ではでは。
スポンサーサイト

<< ゴーヤージュース | ホーム | いろんな人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。