プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもの日とハーリー(爬竜船)

 明日はこどもの日だ、ということは今日は5月4日ユッカヌヒーである。子供の取ってはオモチャが貰える嬉しい日である。自分の子供の頃を思い出すとユッカヌヒーにブリキで作った飛行機を買ってもらい、泊のジーバーリーを見に行ったことがあった。崇元寺の石門は修復されず黒い扉がついていた。コーラを飲んでゲップして鼻が痛くて泣きそうになった、お祭りの日は楽しかった。

 今ではユッカヌヒーはこどもの日に移ってしまい、ハーリーも那覇ではこどもの日の行事になってしまった。泊のジーバーリーは10月の那覇祭りの出し物になっているようだ。精神的バックボーン無しの観光・商業主義的な行事になってしまった神事が発展するのか少しムヌカンゲーもする。これだけの人出があるのだからどちらにしろ楽しめれば良いかな。

 という話は置いといて、こどもの日にオモチャを買ってもらう子供にとっても楽しい日である事には間違いない。幸いにして私の孫たちは3歳になったばかりなのでこどもの日というのに執着するには未だ至っていない。それに乗じて私は特別にプレゼントをしないツモリだ。
 向こうのお爺ちゃん・お婆ちゃんはきっとおもちゃを買い与えたり食事をしたり若しくは別のサービスをするだろう。孫達には”よかったネ~”と一緒に喜んで済ますつもりだ。年齢的にケチとか誤魔化して・・とか感じることも無いだろう。それに私は常日頃から面倒見ている(つもり)から特別にサービスすることも無かろう。孫たちが気付くようになってから考えよう。

 二組のジジ・ババが私のほかにいる、嫁の実家の方は旅行が好きな方なので孫を連れて行くこともある。仕事の都合で世の中が休みのときにしか休暇が取れないので馬鹿高い時期にも関わらず旅行をする、その時に孫を連れて行く。孫と連れ立っていくのが楽しみなのだろう、私には理解できない。
婿の実家は遊ぶ時間、ゆとりの時間が無いほど仕事熱心なのでお出かけとか一緒に遊ぶというのはやらないようだ。オモチャとか気を引きそうな品々をプレゼントする。これも私には真似が出来ない。愛情表現はいろいろあるので私は私流で行く。

この頃の最大のツールはバイク、ただバイクに乗せるだけで大喜びしている。保育園にバイクで送り迎えする日がたま~にある、その日の喜びようは見ていても気持ちがいい。私としてはこれでカブが上がるなら言う事無しだ。

 こどもの日もバイクに乗せることでやり過ごせそう。来年までこの方法が効き目あるように祈るのみ。
そろそろ4番目の孫が我が家に長期滞在するためにご帰還遊ばされる。新生児は抱くのが怖いので上の子の面倒を見ることにしよう。
スポンサーサイト

<< 気は焦るが前に進まず | ホーム | マトリョーシカ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。