プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オキナワのミルク

 http://www.asahi.com/life/update/0317/005.html

沖縄の牛乳、946ミリリットル主流 米国・ガロン由来
2007年03月17日15時37分
 店頭に並ぶパック入り牛乳。沖縄でも本土と同じ1リットル容器がおなじみだが、実は沖縄では、ほとんどの商品は中身が946ミリリットルしかない。72年の本土復帰前から、米国のメーカーが主に基地内向けに4分の1ガロン(約946ミリリットル)入りで売っていた名残だ。暑さのせいで乳牛の飼育費が本土より余計にかかることもあり、生乳の値段が割高という事情もある。
--------
 私も何故牛乳が1リットルではなく946ミリリットルなのか理由が分からなかったが、この記事で分かった、四分の一ガロンだったのだ。

 あれは小学校の1年生だったか2年生のときだったか、「明日から学校でミルクが飲めるようになるのでコップを持って来るように。」と先生がおっしゃった。しかし家にコップなんてあるわけが無いので翌日2合壜を持って登校した。
午前中の授業が終わると校庭の木の下でシンメーナービ(直径7~80センチメートルの大きな鍋)に脱脂粉乳の固まりを溶かしたミルクがグツグツ煮えたぎっている。柄杓で生徒に配っているがコップのように広口容器を持っている子は少なく、壜が多い。柄杓から細い口の壜に注ぐのはムツカシイし、その上熱いので担当している先生は「こんなビンには入れられない」と怒っている。それでもミルクなんて珍しいものを逃してなるものかと生徒は並んで配給を受けた。そのミルクを全部は飲まないで家に持って帰り妹に飲ませたり、時には犬にもお裾分けした。

 そのミルク給食も長くは続かず何時の間にか無くなった、炊き出しする設備の問題やその他の問題があったのだろう。このミルク給食については中学校の頃に又話が出た、しかし飲んだ覚えは無い。私たちの頃はミルクだけの給食も無かった。

 アメリカで脱脂粉乳は脂肪分がカットされているので身体に良いと好まれているという話を聞いたことがある。又バターを取り出した後のカスでそれを援助物資にしているのだ、と言う人もいた。どちらも信憑性のある話だ。

 脱脂粉乳は独特の味があるので飲んだらすぐ分かる。今でもスーパーへ行けば売っている、安いが私は飲まない、キライだ。

 いま日本とオーストラリアの間でFTZ交渉が行なわれ合意されようとしている。私はハンタイです。オキナワの牛乳は高い、しかし高くてもそれがオキナワの酪農家を支えているので多少のことは我慢すべきだ。FTZとは北海道とオキナワの酪農を同一視して競争させるようなものである。ある程度の負担は止む無しとオキナワの消費者は心がけるべきだ、高いと思ったら量を減らせばいい。安い物を飲みたさにウチナーからホルスタインを駆逐すべきじゃないでしょう。
同じ理屈で日豪FTZはヘンです。
スポンサーサイト

<< 数の概念 | ホーム | レチョン (ブタの丸焼き) >>


コメント

あなたは、今のブログに満足していますか?

今の、ブログやホームページに1つアフィリエイトを追加してください!!  
収入は飛躍的に上がります!!

方法は簡単ですし、ノーリスク(むしろ社会に貢献できる)

1、下のURLよりホームページに入る。
2、中央上部のAコネクトバナーをクリックする。
3、パートナーサイトの詳細をクリックする。
4、無料登録する。
5、自分のページにもAコネクトのバナーを貼る。
                  以上です。
http://genndama10.web.fc2.com/index.htm

☆登録は簡単無料で実績もある会社
☆リアルタイムでクリック数なども分かる
☆紹介料800円しかも翌日振込みができる

こんな良い方法はないのではないでしょうか。
あなたもすぐに実行してください。

突然すみませんでした。では失礼します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。