プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げる

 今日は「復帰35年 あらためて問う 沖縄返還密約 
私たちはどう向き合うべきか  -東京地裁判決を前にー」という討論会を聞きに行った。 密約問題、毎日新聞の西山太吉記者は覚えているかな、沖縄返還交渉が最終段階に来た時密約を暴き国家を震撼させた人です。西山元記者の国家賠償法の訴えに対して3月27日に判決が出るようなので注視して下さい。

 maxi君に誘われたのだが、渡りに舟の状況もあった。それは子供が小学校時代に通っていた剣道クラブの何周年記念大会をするので参列してもらいたいとの連絡を受けていたからだ。父母会=後援会の会長をやったことがあるので招待したのだろう。子供がお世話になっているので応分の協力をしただけで剣道そのものには全く興味が無いのです。黙って行かなければいいのだが自分自身に後ろめたさを感じるのがイヤなので真っ当な理由を探しているときに誘いのメールがあったのでヨカッタ~とばかり参加した。

 ある困難な局面都合の悪いことに遭遇した場合に取る行動は、私は逃げる。
学生時代に教養のフランス語を落として4年生まで引きずっていた。仏語の先生は中間試験も行なっていた、ある日△日に試験を行なうと通告があった。マズイ、勉強していないので対策を取らねばと学部へ戻り求人票のある部屋へ駆け込んだ。ウマイ具合にその日に試験を行なう会社があったので早速受験申し込みをして、仏語の先生に「その日は就職試験で博多へ行かねばならないので試験を受けることが出来ません、」と授業出席免除の証明書を持って行き了承された。
試験から逃れれられるし、交通費は会社から貰えるしあわよくば日当まで支給する会社もあった。その時受けたのはオリベッティというイタリア系の会社だった。なぜそこにしたのかというと、面接のみで筆記試験が無かったからです。

 さて、それから30年近く経って同期生会が開かれたので始めて参加した。宴会が始まり近況報告を兼ねた自己紹介があった。
「当時は一生懸命日本人になろうと運動し日本人になったが、今では後悔しています。」という趣旨の挨拶をした。隣の呉さんは”当時は日本人ではなかったがいろいろあって国籍を取り今は日本人になりました。”と続けた。その次は「え~昔も今も日本人の私○○です・・」とやって会場は大爆笑の渦。

 呉さんと話したら、国籍問題で所謂フツーの大企業は全て撥ねられて外資系にしか行けずに、就職したのがオリベッティとのこと。永年勤続か営業成績が良かったのか本社に招待があり奥さん同伴でイタリア旅行を楽しんできた話をしていた。
私は沖縄に帰るつもりだったので就職試験を受けたのは殆んどが東京見物をしたいとか試験逃れとかの邪心からだった。それで私はオリベッティを受けたなんては言えなかった。
スポンサーサイト

<< バギオの鶏料理 | ホーム | 春風はいずこ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。