プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンベンションセンター

コンベンションセンターを建設していた頃なのでもう20年ほど前の話です。
当時私は外装関係の工場をみていた。我が社のスポンサーから完成間際のコンベンションでの仕事の依頼が来た、それは展示棟のトイレ表示板を取り付けるだけの作業だった。20cm角のプレートをビス止めするだけ、しかも数は3~4箇所なので多寡が知れたものだ。

 スポンサーからの依頼なので無碍に断る事もできないので行った、その頃ヒマだったのか二人で行った。ゼネコン相手なのでスポンサーの営業担当も一緒だった。取り付け位置なんて大体決まっている、トイレの入口付近の高さは見安いところと。しかし確認する必要があるので現場担当者に聞くと設計事務所の人に確認すると言う。

 その日はたまたまコンベンションを設計したエライ先生が東京からチェックに来ていた。その先生の事務所から派遣されて現場を見ている設計士が先生を案内しているのでトイレ表示板の確認ができない。しょうがないので私たちも担当の後を付いて歩いた。

 大先生はあれこれ質問やら指示をし、担当者はハイハイと答えている。”入口に掲げられた大きな「非常口」の電飾サインが大きすぎるので小さなモノにしなさい”と先生は言う。担当は「消防からの指示でそうなったので小さくできない、」と答える。”でも大きすぎてミットモナイ”と先生、若い担当者は困っている。
確かに素人目に見ても入口の大きな表示はマッチしない、でも消防と言うお上の言う事なので如何に大先生も折れざるを得ない、不承不承と言う感じで了解していた。

 我々も付いて行く必要は無いが、担当と逸れると探すのが面倒になるので、関係は無いが後ろについて一緒に歩く。
若い担当が先生に「外側の入口廊下付近に催し物案内の掲示板が欲しいと県のほうから要望があるのでどうしましょう。」
”そんなものを置いたら台無しだ、だめダメ。”と先生。
「そのように返事します。」と担当者が言う。

 私は退屈しのぎに先生と現場担当者のやり取りを聞いていた、そこで差し出がましいが意見を申し上げた。
”先生の気持ちが分からないでもないですが、このまま完成し県に引き渡したすとここの管理担当者は後日近くの看板屋を呼び発注して数万円のトタン製の掲示板が建物にアンカーで留めるでしょう。建物に相応しい案内掲示板を先生が考えて指示した方が良いですヨ。”

 大先生はちょっと考えて、担当に掲示板を考えるように指示した。
引渡しも終わってから到着した案内用ポスター類を掲示するステンの網を使ったものが届き取り付けた。
デザインも素材もしっかりした物が出来上がっていた。
今でもまだ残っているかな、あれは私の発案でできたモノです。せっかくの建物を美しいまま使いたいので全く関係ないのに提案した次第です。

あのような大先生にモノを言うたのは利害がなく、イチバン遠い存在だから言えたのでしょう。
で、トイレ表示板の取り付けは暫らく大名行列を続けた後に指示を受けてチョコチョコとビス止めした。展示棟のトイレ表示は私が取り付けたのだよ~
詳しい事を言わずに、オレもコンベンションの工事に関係したのだと吹聴しようかな。(笑)

# by nesu-pa | 2006-03-23 12:22 | Trackback | Comments(0)
スポンサーサイト

<< 春風はいずこ | ホーム | カヤック造り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。