プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割り勘

 娘と買い物へ出かけた、支払いのとき半分払おうかと言うと、不機嫌な顔をしてイラナイと言う。
たぶんイランと断ると思っていた。

 以前娘の買い物したとき、半分払い妻に半分は私・オヤジが持ったと自慢げに話すと娘は不機嫌になった。
「お母さん、おかあさん半分なんてウソよ。」
”いや半分は私が払った。”
「半分は半分でも右半分でしょう。」
”まあそうではあるが・・・”

4桁の買い物をして、私が数字の右半分つまり金額にしたら何十何円を負担したのだ。小銭がその金額に足りなかったので私が出してあげた。
それで半分出した、と吹聴するのでアタマに来たのだろう。

 今でも言う、”半分出してあげようか。"
「たったこれだけ出して半分と言うな~!」
でも知らない人が聴いたら、いい父親ね~と感心するだろう。
そう、私は感心される父親になりたいのだ。

 ただ金を持っていないので、娘に何かしてあげたいという心意気を示す為にあの手この手を考えている。娘よオヤジの気持ちを理解してくれよ。
娘は前のことに懲りてゼッタイに乗ってこない。

 一桁でいいから左側にして!と言われると、そんな法外な要求はダメだ。
無い袖は触れない。
ダメおやじは笑いながらこういう事をしているが、実際はキツイのだよ。
笑って誤魔化す意外に何かよい方法はある?
# by nesu-pa | 2006-04-20 16:15 | Trackback | Comments(0)

スポンサーサイト

<< ある国際親善 | ホーム | 娘との攻防 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。