プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可哀想な地酒

 いまタイの酒メコンを飲みながらPCに向かっています。
数年前タイ旅行したとき買ったものが戸棚の中から出てきたのです。それでチビリチビリ大切に飲み、正月三日に開かれる我が家での新年会で出しました。勿体無いと思ったのですが、妻の教え子が毎年この日に来てくれるので大盤振る舞いのツモリだったのです。ところが大不評、口を付けるだけで止める、”イヤなら飲むな”と言うと嬉しそうに泡盛に戻る。そんなに不味いのか!、?とした方がいいかな。

 それどころか、その日は教え子が琉大に留学中のタイ人学生を連れてきてタイ料理を作ってもらっていた。料理するのがひと段落したので二人の留学生に故郷の酒を出して懐かしんでもらおうとすると、ナンと笑って飲もうとしない。飲んだことが無いとノタマウ。オイ! 酒は文化だぞ故郷の酒を大切にしなさいと諭しても笑ってビールを飲んでいる。無理強いはイケナイ、でも可哀想なメコン。

 フィリピンでもラムが作られている、タンドゥワイという商標だったと思う。そこでもタンドゥワイなんか飲めないという人が多かった。飲み屋のネエチャンが「いつもタンドゥワイを飲んで酔っ払っているよヨ」なんて言う程度、つまり何処も地酒を飲むのは低級と思われるようだ。

 一昔前のウチナーもそうだった。島ー小(シマーグァと読む)とウセーられていた、洋酒一辺倒だった。ところが近年その地位を上げて完全に逆転し殆んどの飲み屋に泡盛が置いてある。たぶんクラブにも置いてあるだろう、行けないので確認はできないけど。
 私は何処へ行っても地酒を飲むことにしている。オミヤゲも地元で造られる酒にしている。味・匂いに最初は抵抗を感じても数日で慣れて味わいが出てくる。昔の泡盛に比べれば軽いものサ。そのような酒でも飲むほどに五感は痺れ第六感は冴えてくる、それが鈍くなると匂い・味なんて問題外の外となる。気持ちが良い、別の世界が開けてくる「いちゃりば兄弟」国際親善ここにあり。
万国共通の融和の源バンザーイ、いやこの際マンセーにしておこう。
スポンサーサイト

<< ビールをキープ | ホーム | 旅を終えて >>


コメント

お邪魔します

ある方が自分のブログに何か驚く事があると
かかれたことで悩んでいました(笑)

過去ログだと8月なんですねここに来ているのは。
いつ気づくでしょう(笑)

またお邪魔します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。