プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

10 ≪│2008/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保険の記録改竄

 調査委員会が、改竄には組織的な関与があるとの報告を大臣に提出した。
これを受けてマスゾエ大臣は徹底的に調査して改竄が明らかになったら担当者を処分するとの見解を表明した。

 いつもこの調子の発言なのでオドロキはしない。担当者の不正に対して厳正に対処することはマチガイではない。ただし、しかし・・と続けたい。処分するだけで解決するのか、いや処分を全面に打ち出すことが問題の解決になるのかと疑問に思う。
今なすべきことは改竄された人たちの損害回復だと思う。そのためには処分はひとまずヨコに置く必要がある。処分されることが分かっていて正直に申告する人がいるだろうか。処分を受ければ来年(?)発足する新組織に引き継がないと大臣は明言し、そのための法整備も進んでいると思われる。

 過去の不正を正すのが重要か、国民の損害回復が先決かを考えるべきだ。多くの国民は不正を放っておくことに憤りを感じるだろう。しかしその人々は多分記録が改竄されていない人、損害が無い人たちでしょう。
もしかして自分は・・と不審に思う人は救える道はある、しかし気づかない人は社保庁職員の協力が要る、処分はその目を摘むことになる。大臣も多くの国民も損害を受けていない、あるいは受けない人の部類だ。損害を受ける人は殆んどが気づいていないので声をあげていない。

 ここはよく考えるべきだろう。マスゾエが勇ましくがなり立てるのは発覚した社保庁問題に的確に対処できない力量の無さを隠蔽する為としか見えない。社保庁職員の協力を得るべく努力することが急務と考える。

 社保庁問題は職員個々の責任にするのは筋違いである。そもそも企業経営が苦しくなり保険料の未納付が起きて、その解消のために経営者と社保庁が共に仕組んだことが発端である。その責任を担当職員だけに負わせるのは酷だ。国民の目を別の方向に向かわすための「処分」は問題解決の手段としては下策だ。
この際処分と引き換えでもいい、職員の協力を得て事の解決に進むよう考えてもらいたい。

被害の回復が先決です。
スポンサーサイト

えーじゃないか 年末の景気対策

 アメリカ発の経済恐慌はニッポン経済にも大きな影響を与えている。これは間違いないと考える。しかしその影響を受けるであろう大企業は素直にタイヘンだ~と雇用調整を始めた。中小企業はどうだろう、タイヘンだろうと思う。未だ我が身に直接的には降りかかって来ていないので今のところ他人事として、タイヘンだろうと気に病むところもある。
 しかし昨夜のニュースでアソーさんは年末の資金繰り対策は手を打ってある、ナンなら経営者の方に聞いてご覧なさいと記者の皆さんに発言している。
そうなんだ~
年の瀬は中小企業の経営者のみなさんはダイジョーブなんだ。
要らぬ心配をしていた。

 ところで腑に落ちないのは、経済対策が緊急課題であると対策案を発表したのが先月の末のこと、あれから4週間経つ、政局より政策と選挙もしないで外交外交と外国での会議に出席し10兆円もの金を拠出すると発言している。
国内の企業、中小企業が大丈夫なので世界経済のことで大見得切れるのだ。ニッポン国は対策は後でもいい、年度末まで待っても影響はないということらしい。

 全国民に向かって国のトップが言うのだから、私の現状認識が間違っているのだろう。ハンセイします、渋々でも。

国を導く人は富豪の御曹司がいい、神輿に乗って”え~じゃないか、え~かじゃないか”と狂う方が世が明るくなる。
踊り狂っている人が少ないようだが・・・

戯言 よれよれ

 ポロシャツにジーパンこれが私のフツーの身なりです。
ポロシャツもジーンズも仕事着と外出用とは分けている。仕事着はー現場での仕事が多いので汚れる、それ故汚れてもペンキが着いても惜しくないモノを着る。現場へ行く日はそれで良い、しかし現場は無いけど外出着でなくてもいい日は迷う。

 今朝もポロシャツを仕事着の中から選んで着た。鏡を見るとヨレヨレでだら~んとしている。繊維が与太っている。ジーパンもシラカーし破れている箇所もある。身体全体からピシッとするモノが感じられ無い。鏡を通して現実を直視させられてショックを受けた。もう少しカッコ良いと思っていたのに。

 姿格好は着なおせばまだまたマシになれる。しかし内面、精神・心はどうかとふと考えた。自分では未だハリ・ツヤは残っていると思いたい。鏡に映った自分と同じような芯の無い内面なら生きている価値が無い。
”ボロは着てても心は錦”という歌がある、そうそれそれそうなんだよ、そのように内面は輝いているのだと考えていた。ポロシャツならぬボロシャツは仮の姿で内面から湧き上がる知性・・・なんて考えていたのはアタマの中だけだった。
 カガミを見て思い知らされた。これからはもう少しマシな衣服を身に着けよう。

 散髪してきた、ヨレヨレ衣服にボサボサ頭では風采が上がらない。何時床屋へ行こうかと考え始めて2週間、ようやく決心が付いた。今回の散髪は正月ダンパツとの兼ね合いがある。正月に合わせて何時散髪するか、その日から逆算して今回は何時にするかズ~ッと考えた。

 今回は千円散髪にして次回はパーマする、逆に今回パーマを掛けて次回は整髪のみにする手もある。しかしその場合カットもパ~マ屋へ行かねばならないとなあると予算オーバーだ。
迷った挙句今日行った。
もしかして今日のこの決定が、今年決断したモノゴトの最大のものだったかもしれない。(笑)

厳罰主義

 世の中”悪には厳罰を!”という流れが定着しているようだ。
被害をうけた者からすれば厳罰を科して、少なからぬ憤懣鬱憤を晴らしたい気持ちは分かる。それは認める、厳罰を科したらその類の犯罪が減れば言う事は無い。実際はどうなのだろう。

 飲酒運転が大事故を誘発するということで刑罰が重くなった。その結果飲酒運転による事件・事故は減っただろう。それはヨシとするとして、その代わりに飲酒による些細な事故から逃げる為に大事件を起こす例が増えた感じがする。また飲酒でなくても夜中信号無視でパトカーに追いかけられて事故を起こしたり、逃亡中に自損行為で死んでしまうことも度々起きている。
そのような報道を見聞きするたびに複雑な気持ちになる。

 また社会保険庁の不祥事に対するマスゾエ大臣の態度、「刑事告発して厳正に処分する。」と吼えるのはいただけない。あの人は事を被害を受けている市民を如何に救済するかというよりも職員を処分して自分のあるいは在職していた責任者の責任をウヤムヤにしてしまう感じがする。
処分して市民の利益が回復するならそれでもいい、しかし今は全職員の協力を得て照合作業をすすめることや企業における標準給与の勝手な引き下げの実態解明に努めるのが先決である。

 それを職員を萎縮させ、投げやりにさせるような発言でぶち壊している。処分とは何とかは後でやればいい、あるいは何らかの形で免責する必要もでるかもしれない。まず被害を受けた、又受けているかもしれない人の救済が先だ。特に標準給与の引き下げ問題は職員の協力なくしては解明できない。処分を受けるために自分の不都合なことを申告する人はいないと考えるのが常識だ。それを処分だ、厳罰だ、刑事告発だと喚くのは市民の利益よりも自分が正当なことをしているという姿をアピールしたいだけのことだ。

 厳罰だけが世の中をうまく回す方策ではない。硬軟組み合わせるべきだ。勇ましい発言はキャンキャン騒ぎ立てるだけにしか聞こえない。

誰でも彼でも厳罰厳罰と言い出すと、悪人に優しくしたくなる私です。

テロ?

 厚生省の元幹部を狙ったと見られる殺傷事件が起きた。
テロかもしれないとの見方が有力だ。
でも言われているような”年金"関連でテロを起こすだろうか。年金に深く関わった人が狙われているので、そのように見られることも不思議ではない。もし年金が動機なら個人というよりも組織犯罪だろう。個人が年金で損害を被った場合なら今のご時世では訂正が利き損失の穴埋めが可能だろう。遙か雲の上の人、それも現職でも無い人を殺すのは個人的なウラミとは考えにくい。

 もしテロなら組織だろう、ではその組織と何の利害関係があるか。たぶん直接的な利害は無いでしょう。義憤とか公憤という理屈が無ければテロは出来ない。朝日新聞の支局を襲撃した赤報隊のようなものではないだろうか。

 ニッポン社会にはテロを容認する風潮もある。北朝鮮関連で外務省の審議官宅の不審物が仕掛けられた事件の時、シンタロー都知事は仕掛けられて当たりまえというような発言をしている。また加藤さんの自宅が放火されたときも政府高官の発言は冷たいものだった。反体制的な発言や行動を暴力で封じるのを支持するヤカラが多い、それも要職にある者たちが。

 正義の暴力というところだろう。
今回の厚生省関連の事件がデタラメな年金行政に対する義憤から起きたものなら拍手する人たちも出るのだろうな。今のニッポン国では暴力は必ずしも悪ではないから。

ラクしてた

 暫らく書かずに放っていた。書くのが億劫になったのと中国への旅の資料集めをしていた。集中して資料・情報収集したおかげで旅行中は大きなトラブルも無く、発生した問題も想定内で済んだ。帰ってからは旅のブログを書くのに精一杯で、ズルズルと書かずにいた。
 休んでいるのは私のアタマだけで、当然のことながら世の中は動いている。私が旅に出ると大きな事件が起きる。バリ島で爆弾テロがあった時、不審船が撃沈された時また昨年は西安でアベソーリの投げ出しがあった。
今回は何があったか・・・・
思い出せない、大事件と呼ぶのが起きなかったのか私の感度が鈍ったのかどちらだろう。
 昨日今日は党首会談が話題になっている。
民主党が早期解散させるために給油法案に抵抗しなかったのに不満だった。今日は参院で審議拒否した、私と思惑は違うけど当然だ。この民主党のやり方に共産党と社民党は批判しているようだ。元々給油継続に反対だろうから積極的にでは無いにしても協力して潰せばいいのに。共産党は二大政党化するのにハンタイだから両党を批判するのは分かる。しかし社会党、今は社民党か、社民党の可愛い党首は”でもアメリカ軍への給油継続にハンタイし潰すまで一緒にガンバロー。”と続けてもらいたかった。

 だいたい経済のアソーだはずなのに、この経済危機の中年末に向けて予算の裏づけのある対策を取ろうとしないしないところが問題なのだ。小沢の手法がどうのこうのと尤もらしい解説をするマスコミは、この年末をどうしようというのだろうか。何もせずともどうにかなると考えているのか。まあニッポン経済がこの程度の不況に大丈夫だというのならそれでもいい。
 なら何故ソーリの口から100年に一度の大危機という言葉が出てくるのだ。解散と二次補正は密接に関連するが、政局というより経済危機からの発言が必要だと考える。
どなたか経済状況と二次補正について解説してくれないでしょうか。私は早急に予算の裏づけのある対策が必要と思う。

 分かり易い経済マンガをアソーさんに届けてくれないかな。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。