プロフィール

nesupa

Author:nesupa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに


”ぶちくん”をtxt化したのはず~っと前になるが、改めて校正しmixiに連載した。下記はその時の説明文です。
私のmixiは訪問者が少なく1年で600名で、その殆んどが自分のサイトへの訪問者を増やす為の”足あと”目的の人たちなのでマトモに呼んだ人は数名です。つまり一般公開はしていません。
----------
「ぶちくん」とは高校生三年生のクラス新聞の名称です。
ウチナー方言で気絶やショックでぶっ倒れる様を表す語です。暑い日に走ってフラフラになると、ぶちくんナラナラーした(気が遠くなりそうだった)と言うぐあいに使う。

 そもそも新聞発行を発案したのは末吉君で面白そうなので私も補助役になることにした。編集方針や発行するに当たっての作業等を考えると個人で発行するよりクラス新聞に格上げした方が何かと良いと考えて学級会に提案し承認された。編集担当は発案した二人、これでクラスの協力を得ることが出来る。新聞の名称を”改造”や”前進”というようなニュアンスのものを予定していたのですが、誰かが「ぶちくん」ではどうかと提案した、この「ぶちくん」というのがおもしろい、言い得て妙、含みのあるニュアンスが当時の私たちの心に新鮮に響き選らばれた。

 張り切って作りました。鉄筆を持ち蝋原紙をガリ版に置いてガリガリする様子は今では想像もつかないでしょう。私は文字が汚いので女の子に頼んで切ってもらいました。これが学級新聞に格上げした最大の理由です。(笑)

 9号発行し分量は29ページです。
今から20年ほど前「ぶちくん」が私の手元に届いたのです。おそらく唯一の現存品でしょう。担任が保存してあったのが廻りまわって私のところに来たのです。藁半紙にガリ刷りの「ぶちくん」を見た時に私たち3年7組の青春の証しであると興奮した。先生にとってもあの時代の教師としての思い出が詰まっているだろう。それを手離すにはいろいろ理由があったようだ、考えるに先生は故郷を捨てるツモリだったのだ。捨てるという言い方は語弊があるが、退職後の人生に区切りをつけてヤマトに移住してしまった。その身辺整理の課程で処分したようだ。

 私は「ぶちくん」をtxt化する作業を始めた、印刷状態が悪く読みづらい、文章の前後から類推して書いた部分もある。いちばん悩んだのは誤字で直すべきかそのままにすべきか、迷ったがその時々の気分で訂正したり放っておいたりした。
暫らくしてから”てだこ”というbbsに加入して自分の部屋を作りアップした。自分だけ楽しんではワルイので身近にいるクラスメイトにコピーを配ったり、インターネットで送ったりもした。

 クラスだけに配るなら問題は無いが第三者の手にわたる場合や目に触れる場合を想定したとき若干問題が起きるかもしれない。新聞だからペンネームで投稿した人もいるが本名もいる、内容に問題があるとは思えないが何が発火点になって騒ぎになるかもしれないご時勢だからマズイこともあるだろう。しかし埋もれさせるには惜しい、読んで貰いたいとの想いもある。
 ここに載せながらtxt化したものをもう一度校正しよう。ここは過去ログの保管場所と位置づけているのでピッタリの場所だ。しかも読む人も少ないし見識ある方だけだろうから問題は出ないでしょう。

という意味で随時載せたいと思う。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。